文京区で借りたい

文京区で借りたい方は、まずは下記の10秒診断を使ってみてはいかがでしょうか?。

CMなどでもおなじみで、ネットから申し込みが出来るうえ、審査は最短30分で完了。

>>タップして10秒診断<<

キャッシングについて

カードローンの契約で多くの場合、身分が証明できるもののみ必要です。例外として、50万円以上の借入の場合や、定期的な収入がある職業ではない場合、さらに収入があったことを明らかにするそれに、勤務先に電話で行われる在籍確認を書類提出などの電話以外で済ませる為には、その書類等の代替品の用意も必要です。もし、カードローンの返済を遅らせてしまった場合には、カードローン会社からの連絡が自分の携帯電話に、もしくは、有線電話の方にかけられます。その際、支払い可能日をきちんと伝えておけば、催促の電話はその日まで掛かってきません。と言うのも、貸金業法というものがあって、催促の電話が連日掛かってくるようなことはありませんから安心してください。しかしながら、遅延分の支払日さえも遅らせてしまった時は、どのような連絡があるか分かりませんから、気をつけましょう。

たとえお金の工面が出来なかったとしても、カードローンの支払いを後ろに回して、放っておくのは断じてしてはいけません。遅れがあったことは直ちに記録され、この状態をさらに放置してしまえば、ブラックであると認識される結果になります。あなたがブラックだと決定すると、今の借入金を一括で返金しないといけなくなり、全てのローン契約が出来なくなります。主婦がカードローンを申し込む場合、借金する人に月々返済できるだけの収入があることがカギとなりますが、夫の収入によって借入ができるでしょう。こういうケースのことを配偶者貸付と一般にいい、銀行などの金融機関が扱うカードローンも、このやり方を使い、契約を結ぶことが沢山あります。銀行とは違い、消費者金融の場合だと利用できないでしょう。

カードローンの手軽さの一つではないでしょうか。申込む際に利用目的を聞かれても、法律で禁止されてはいませんが、現在借入をしている分の返済も誰にも知られずに利用できるなど便利なカードローンですが、一方でリスクも存在します。返済遅延をしてしまったら、今後他の契約を考えたときに障害となってしまいます。中でも、家や車のローンのようなその契約を行えないこともあります。大手の業者であれば契約に使う契約機をあちこちにたくさん設けています。この契約機では契約のほかに、カードを受け取ることもできます。例えば、それ以外の方法で契約を申し込んでからでも無人契約機を使えばカードが手に入ります。郵送されることを嫌がる人や、すぐにでもカードが欲しいときは契約機を使うと自分の都合に合わせカードを受け取ることができます。

カードローンの際の審査が完了した後には、利用上の注意を説明されます。多少説明に時間が掛かるケースもありますが、ちゃんと聞かないと後で困ることになります。この説明をする時間があるので、借入が可能になるまでにはざっと一時間くらいだと思っていた方がいいかもしれません。手軽に借り入れができるのが快適ですが、少しでも支払いに遅れがあったら、その遅滞期間に一日単位で遅延損害金という延滞金を支払うことになります。支払う延滞金は最大で20%もの年利になるのです。さらに、支払いが滞っていた期間に対した金利も同時に生じるので、長い延滞になればなるほど、たちまち多額の支払いになるでしょう。

ネットで完結することも可能な「モビット」のキャッシング

まずはお金が借りられるかを10秒診断でチェックしてみましょう!

このページの先頭へ